悲運の名プレーヤー、佐藤次郎!







錦織圭選手が、今年も活躍を続け、男子テニスランキングで、
日本人初の4位になることが、確実となっている。


昨年の全米準優勝始め、快進撃を続ける中、
様々な過去の日本人名プレーヤーが、再び脚光を浴びたが、
なかでも、最も多く報道されたのが、佐藤次郎だろう。


4大大会で、5度シングルスベスト4に進出し、
今日でも、イギリスのテニスの神様として称えられている、
「フレッド・ペリー」にも勝利した、日本が世界に誇る名選手である。


4大大会シングルス、32勝の記録は、
長く日本テニス史上最高記録だったが、
2014年、錦織圭選手がその記録を塗り替え、
更に、記録を伸ばし続けている。


歴史は、必ず動いていくものなのだ。


戦前、世界の舞台で活躍した日本人テニスプレーヤーの多くが、
戦後も生き続けたのに対し、佐藤の死は、悲劇的なものだった。


テニス雑誌の記者と婚約発表し、デビスカップの日本チーム主将として、
ヨーロッパ遠征に参加した帰り道、遺書を残し、
マラッカ海峡に身を投げたのだ。


エースとして、無理を押して試合に強行出場し、
日本庭球教会の、主導権争いに巻き込まれるなど。
心身ともに疲れ果てての行動だった。


佐藤の自殺は、後の、1964年東京五輪・銅メダリストで、
マラソンランナーの、円谷幸吉に繋がるものがある。


周囲の強烈なプレッシャーのもと、
日本のエースとして、国を背負って立つ者としての意識が、
あまりにも強過ぎたための、悲劇という点だ。


2020年に東京五輪を控えている日本だが、
再び、こういった悲劇を繰り返さないためにも、
代表選手のメンタルケアを、重視してもらいたい。




日本人女子初の4大大会制覇を遂げた、沢松和子!







かつて日本において、テニスやゴルフは、
裕福な人たちが行うスポーツの、イメージが先行していたが、
テニスの普及と大衆化において、大きな影響を与えたのが、
沢松和子である。


1975年のウィンブルドンにおいて、沢松は、
日系人の、アン清村とペアを組み、女子ダブルス部門で優勝し、
日本人女子選手として、史上初の、4大大会タイトルを獲得した。


後に、姪にあたる沢松奈生子も、プロテニスプレーヤーとして活躍した。


ダブルスでの優勝ばかりが、話題として先行しがちな沢松だが、
シングルスでも、好成績を残している。


全豪ではベスト4、全仏・全米ではベスト8の、最高成績を残している。


唯一、3回戦どまりだった全英で、
史上初の日本人優勝を成し遂げているのは、面白いポイントと言える。


この時期は、衛星中継が始まって間もない頃で、
海外の大会が、録画中継ではあるが、観られるようになった。


決勝戦の模様が、テレビ放送されたことがきっかけで、
テニスブームが、本格的に日本で開花していくこととなる。


加えて、男子テニスでは、ビヨン・ボルグやジョン・マッケンロー、
女子テニス界では、クリス・エバート、マルチナ・ナブラチロワといった、
個性的なスターが、この時期たくさん出たことも、
テニスブームに火を付けたと言える。


沢松は、この年限りで引退したが、
彼女の功績は、たくさんの関係者に刺激を与え、
テニストーナメントや、テニススクールの増加、
ファン層の拡大などに、繋がっていった。


この偉業があったからこそ、後の、
伊達公子や、錦織圭の登場があったのだろう。


一人の選手が切り開いた道が、
後の選手の育成にも、大きな影響を与えるところに、
スポーツの奥深さを、感じずにはいられないのである。